message_imessage

ひとそれぞれに人生があります。
そして、そのものがたりは 多種多様です。
だからこそ、「病気をみる専門家」である前に、
「病気をもった人と関わる」ということを、
わたしたちは、大事にしていきたいと考えています。     

所長 佐藤 伸彦



message_p

message_ph昭和33年東京生まれ。

国立富山大学薬学部卒業後、同大学医学部卒業。

平成2年同大学和漢診療学教室の研修医を皮切りに、

成田赤十字病院内科、飯塚病院神経内科などを経て、

富山県砺波市 砺波サンシャイン病院で副院長として、
高齢者医療にかかわる。

市立砺波総合病院地域総合診療科部長、外来診療部内科部長を経て、

ナラティブホーム構想の提唱者として、さまざまな支援のもと、

医療法人社団ナラティブホームを平成21年4月に立ち上げ、

平成22年4月1日に「ものがたり診療所」を砺波市でオープン。

同診療所の所長を務める。

book2ナラティブホームの物語
2010年開設以来、全国の熱い注目を集めるナラティブホームはどのように誕生し、日々運営されているのか。実践の詳細を1冊にまとめた。
佐藤伸彦著(医学書院)¥ 1,944 
2015年3月出版

 

 

book家庭のような病院を

佐藤伸彦著
(文藝春秋)
¥ 1,470   
2008年4月出版

 

 

以前のブログはこちらでご覧になれます。